薬の間違い医療事故ミス

医療ミス(医療過誤)被害の相談情報

薬の間違いはよくあります

自分に不要な薬を服用すると…

入院患者に投与する薬を間違えるということもよく聞きます。そして、自分に不要な薬を服用すれば、当然ながら副作用も考えられます。これも、医療事故といっていいでしょう。

ただ、入院中というのは、もとも体調が不安定なこともあり、薬が違っていても、なかなか気づかないことも多いです。そんなことから、家族などがきちんと気をつけていることが大切です。そして、変わったことがあったら、すぐに、医師や看護師に相談したほうがいいでしょう。

後遺症が残ることになれば…

薬の投与の間違いがもとで、後遺症が残ることもあります。こうなった場合には、やはり、弁護士に相談したほうがいいでしょう。後遺症が残ることになれば、その後の生活にも支障が出てきます。そして、仕事などにも差支えが出てきます。収入に響くようなことがあるならば、きちんと弁護士に相談するべきです。

医療事故調査、医療過誤ミスについて、お困りの方は弁護士へ相談!

薬の種類や量を間違える

病院内であっても、ちょっとしたミスは起こるものです。そして、薬の種類や量を間違えるということはよくきくことです。しかし、あってはならないことなのです。薬というものは、副作用もあります。そのため、量を間違えたりすれば、大変なことになってしまいます。そして、後遺症も残ることになるのです。

投薬のミスについて、泣き寝入りしてしまうのはよくありません。こういったことを明らかにすることによって、その後の医療事故も減ってくるのです。

Copyright (C) 医療ミス(医療過誤)被害の相談情報. All Rights Reserved.